ホルモンの影響

私達が意識して何をしなくても、肌はそれが持ち合わせる機能をいつもフルに活動させています。その機能は私達の生命維持活動に欠かせないものですが、その機能は年齢を重ねていくにつれて低下していきます。

どれだけ肌の良い状態を保ちたいと思っていても、加齢という要素がそれを邪魔してしまうのです。肌が加齢によって失う要素の一つとしては、『水分』があります。水分そのものが失われていくと言うよりも、乾燥肌になりやすい状態であり、それによる肌トラブルが引き起こされやすい状態になる、といえます。

ですから、若い頃よりも、いっそう肌の手入れに気を遣うようになります。ただし、加齢が原因ではなくとも、「あたかも加齢したかのように」肌が衰えてしまうことがあります。例えば、一日中肌をそのまま焼くような行為をしていた場合や、ホルモンバランスが崩れている状態など、肌の状態は悪くなってしまいます。いわばそれが、『肌が老化している』状態、と言えるかもしれません。

私達の肌は、外部から身を守る層がありますが、日光に長時間当たり、紫外線にも長時間さらされてしまうことによって、いわゆる『日焼け』が起き、それが肌のトラブルの原因となります。

Written by 管理者 in 未分類

Next Post

美に関して最善を尽くす

私達が意識して何をしなくても、肌はそれが持ち合わせる機能をいつもフルに活動させています。その機能は私達の生命維持活動に欠かせないものですが、その機能は年齢を重ねていくにつれて低下していきます。 どれだ […]

Continue Reading